カンボジア観光|プノンペンの1日観光モデルプランの全て!一挙公開!

Nami
Nami

みなさんこんにちは、Namiです。

今回はカンボジアの首都プノンペンで1日観光するためのモデルプランをご紹介します。

プノンペンの観光地や観光プランについての情報は、日本の観光ガイドブックやネット記事、ブログなどにはあまり掲載されていないかもしれません。

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

プノンペン写真ギャラリー

uuu

uuu

ggg

カンボジアの観光スポットは「アンコールワット」だけじゃない!

カンボジアの観光地といえば、多くの人がアンコールワットを思い浮かべるでしょう。アンコールワットはヒンドゥー教の最大の寺院であり、ヒンドゥー教と仏教が融合した「クメール文化」が反映された建築物です。しかし、カンボジアにはアンコールワット以外にも魅力的な観光地がたくさんあります。

アンコールワットはシェムリアップに位置しており、シェムリアップ空港が最寄りの空港です。しかし、プノンペンもまた魅力的な観光地が集まっています。プノンペンはカンボジアの南部に位置し、ベトナムのホーチミンから約1時間程度でアクセスできます。

プノンペンには王宮、博物館、仏教寺院、そしてカンボジアの歴史に欠かせない「トゥールスレン虐殺博物館」など、多彩な観光スポットがあります。タイやベトナムからも1時間~1時間半で訪れることができる便利な都市です。ぜひアンコールワット以外のプノンペンの観光地もお楽しみください。

プノンペン1日観光モデルプランを徹底解説!

プノンペン観光の1日モデルプランをご紹介します。徒歩やタクシーではなく、トゥクトゥクを活用した充実の観光スケジュールで、最初から最後まで楽しめるプランです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

9:00 ホテル前にトゥクトゥクで迎えにきてもらう

昨晩プノンペン空港から市内のホテルまで送ってもらったトゥクトゥクの運転手のおじさんに交渉し、1日プノンペン市内の観光ツアーをしてもらうことにしていました。

9時にホテル前にピックアップに来てもらえるようにお願いし、しっかり時間通り来てくれました。

1日の観光プランに関しては、回ってほしい場所を紙に書いて渡しました。
英語が通じない場合もありますが、文字にしていればググって調べることもできますし、現地の運転手の方にルートを決めてもらった方が、効率よく観光地を回れると思いましたので、観光地を回る順番は完全にお任せしました。

9:20-10:30 王宮見学

開館時間が午前8時~11時、午後2時~5時ということで、トゥクトゥクの運転手さんが、一番最初に行くのがいい、と気をきかせてくださり、1番最初に王宮見学に来ました。

プノンペンの観光地では絶対訪れたい場所ですので、午前から観光が可能な場合は、1番最初に訪れるのがよいと思います。

入口にはガイドさんがいらっしゃり、「ガイドしてあげるよ」と声をかけてきます。私の場合、カンボジアの歴史や文化のことをよく知らなかったため、その場でお願いし、ガイドをしていただきました。※有料です

もちろん、ガイドなしで回っても建物の見学を楽しむことができますが、せっかくの機会ですので、ガイドさんと一緒に回ると、カンボジアの歴史を学びながら見学できるので、とてもおすすめです。

■見学時間:約1時間程度
■見学費用:10$(大人1名)
■服装:肌の露出を避けた服装
■見学時間:午前8時~11時、午後2時~5時 ※2023年11月現在
10:30-11:30 おなかが空いたのでブランチ

 トゥクトゥクの運転手さんにおなかが空いたので、どこかおすすめのお店に連れて行ってほしい!とお願いし、カンボジアのご飯が食べられる、メコン川沿いのカフェに連れて行ってもらいました。

食事する場所は、基本街ブラしながらフラっと入ることがほとんどですが、カンボジアでは街を歩く機会はなかったため、現地の方に紹介してもらうのがいいですね!

11:30-12:30 ワット・プノン観光

プノンペンの観光ではこちらも必ず訪れたい場所の一つ、プノンペンで最古の仏教寺院の「ワット・プノン」

寺院までの階段が美しい。左右対象にNagaが鎮座していました。

寺院の中にも入ることができ、日本でも馴染みがある大仏様がいらっしゃいました。

天井には、仏陀の一生を描いた美しい壁画があり、日本の仏教寺院とは異なる様相を楽しむことができます。

寺院の中には、楽器を演奏している方や、お祈りされている方もいらっしゃいますので、お邪魔にならないように見学しましょう。

■見学時間:30分程度
■見学費用:1$(大人1名)
■服装:肌の露出を避けた服装
■見学時間:7:30~18:30 ※2023年11月現在
12:30-13:30 カンボジア国立博物館 見学

せっかくカンボジアまで来ましたので、よりカンボジアの文化と歴史に触れようと思い、一人旅ではあまり行かないのですが、今回は博物館見学に行きました。

カンボジア国立博物館は、赤茶色のとても素晴らしい建物で、博物館内の中庭も美しかったです。

伝統的なクメール文化の美術品や、宗教芸術品が数多く所蔵されており、見ごたえある博物館でした。

館内はクーラーはないのですが、日陰になっていて、炎天下の中を観光した後にはもってこいの休憩所でした。

カンボジアの街はかなり騒々しく、警戒しながら観光しなくてはいけないため、結構心身ともにストレスを感じていたのですが、博物館内はかなり安全に感じ、午後の観光を再スタートさせるための体力温存ができて、とても助かりました(笑)

■見学時間:1時間程度
■見学費用:5$(大人1名)
■服装:ー
■見学時間:8:30~17:00 ※2023年11月現在

 

13:30-14:00 カフェで休憩

トゥールスレン虐殺博物館前のカフェで一旦休憩します。博物館前には多くの外国人観光客が集まり、観光バスやタクシー、トゥクトゥクなどでかなり混みあっていました。

博物館に入る前は、しっかり休憩しておくことをおすすめします。

私は、今から入る博物館で、今までの人生の中でも最も深く傷つき、しんどくて足がすくんで前に進めなくなってしまうような経験をするとは全く予期していなかったのですが、

一旦旅から心をリセットし、おなかも満たしておいて良かったと思っています。

もしみなさんがトゥールスレン虐殺博物館に行かれるようでしたら、ぜひ心と体の準備をされてから向かうようにしてください。博物館前には、カフェやご飯が食べられる場所もありますので、もし見学の途中でしんどくなってしまったら、外に出て、休憩されると良いと思います。

14:00-16:15 トゥールスレン虐殺博物館見学

旅は常に楽しいことだけではなく、トラブルにあったり、現地の歴史を知ることで、とても辛い気持ちになることもあると思います。

みなさんを怖がらせたいわけではないのですが、トゥールスレン虐殺博物館を見学されると決めるとき、ぜひ覚悟をもって中に足を踏み入れていただきたいです。

生半可な覚悟や思いで、トゥールスレン虐殺博物館を見学することは、難しいと思います。

見学は音声ガイドを必ず利用していただきたいです。日本語の音声もレンタルできます。

どんなに辛くとも、同じ人間として向き合わなくてはいけない過去に触れるためにも、勇気をもってガイドを聞きながら、できる限り見学してほしいと思います。

■見学時間:2時間~3時間程度
■見学費用:5$(大人1名)
■音声ガイドレンタル:入場料+3$
■服装:肌の露出を避けた服装
■見学時間:7:00~17:30 ※2023年11月現在
16:15-17:00 Toul Tompoung Market(Russian Market)でお土産購入

トゥールスレン虐殺博物館見学後、空港までの移動に40分ほど時間があったため、最後にカンボジアのお土産を買いに、近くのマーケットに連れて行ってもらいました。

ロシアンマーケットは、外国人観光客向けのマーケットらしいですが、中はかなり混みごみしており、ザ・アジアのマーケットという雰囲気を楽しめました。

客引きはかなりありますので、ある程度ほしいものは目星をつけておき、一回お店にはいったら何かしら買っていくくらいの心持ちでお店にはいると良いと思います。

17:00-18:00 トゥクトゥクで空港へ向かう

通常であれば30分未満で空港からプノンペン市街地まで移動できるのですが、夕方の時間は道がとても混むということで、17時にはマーケットをでて、空港へ向かいました。

トゥクトゥクの運転手さんのいう通り、夕方の時間は道がものすごく混んでいて、スクールバス、通勤通学のスクーターの嵐でした…。

何とか片道1時間で無事空港に到着することができました。

20:05-21:20 プノンペン国際空港⇒スワンナプーム空港(タイ)へ / タイ・べトジェットエア

無事2時間前のチェックインを済ませ、空港内で夜ご飯を食べました。

カンボジアは1日だけの旅でしたら、あまりにも感じることが多く、気持ちに収集がつかなかったので、ご飯をゆっくり食べながら、気持ちを落ち着かせました。

無事定刻通りに飛行機が飛び、約1時間程度でタイに向かいます。プノンペン国際空港20:05発のタイ・べトジェットエアに乗りましたが、20時台でも空港は安全な感じでしたので、女性一人旅でも、この時間帯のフライトでも特に安全面では問題ないかと思いました。

Nami
Nami

いかがだったでしょうか?
カンボジアの首都であるプノンペンも、1日あれば市街地の主要観光地を十分めぐることができます。
とても魅力的な場所ですので、機会があればぜひ観光に訪れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です