【シンガポール】「チャイナタウン」の楽しみ方を詳しく解説!

Nami
Nami

みなさんこんにちは!Namiです。

今回はシンガポール観光でぜひ訪れていただきたい「チャイナタウン」を紹介します!

本場の中華調理が楽しめたり、思わず写真を撮りたくなる街並みが広がる素敵なエリアです。

では、観光スポットやモデルプランを紹介します。

シンガポールの「チャイナタウン」ってどんなところ?

シンガポールは、中華系の方が74%、マレー系の方が14%、インド系の方が9%(2022年統計・外務省HP参照)と、中華系の方が圧倒的に多い国になります。

歴史的にも、華僑(中国国籍を持ちながら、海外に移住している中国人)と呼ばれる人々がシンガポールに移住しており、チャイナタウンはまさに庶民的な雰囲気や、本場の中華グルメを楽しめる観光スポットです!

昼夜問わず賑やかで、中華っぽいお土産もたくさん見れますし、食には困らないほど多くのお店が立ち並び、シンガポール観光ではぜひ訪れていただきたい場所です。

シンガポールの「チャイナタウン」はどこにあるの?

地下鉄「Chainatown」駅を出てすぐの場所にありますので、迷うことはないかと思います!

チャイナタウンは、地理的にいうと、シンガポールのメイン観光スポットである「マリーナベイエリア」の西側に位置しています。

各所観光地へのアクセスや治安も比較的良く、地下鉄の駅も近いため、チャイナタウン付近で宿を探すのもおすすめです。

私はなんとか安く宿泊したかったため、チャイナタウン駅徒歩5分のこちらのドミトリーに泊まりました。

シンガポールの「チャイナタウン」のオススメ観光スポット3選!

チャイナタウンは歩行者天国の用になっており、基本的には徒歩ですべて移動して回ることが可能です。では、チャイナタウンでを最高にに楽しんでいただくために、3つのオススメスポットを紹介したいと思います!

本格中華系のお土産屋さんがズラリ!「パゴダ・ストリート」

夜のパゴダ・ストリート

シンガポールの「チャイナタウン」といえば、メインストリートにあたる「パゴダ・ストリート」です!

パゴダ・ストリートには、本格中華のお店やお土産屋さん、写真映えするカラフルな建物が密集しています。

あっちを見ても、こっちをみても、中華っぽい雰囲気が広がり、思わず写真を撮りたくなるようなワクワクする場所です。

パゴダ・ストリート付近には、超美味しそうな本格中華料理屋さんがたくさんあります。

私はふらっとお店の前を通ったところ、お店のおばさんに食べていきな!と強くおすすめされたこちらのお店に入りました(笑)

路面に面していて、とても開放的・清潔感のある店内でした。

なんちゃって中華料理ではなく、本格的な中華料理のお味でして、大満足でした!

私がいただいたのは牛肉面と平べったいもちもちした生地の食べ物(名前がわからない…泣)とリンゴジュース。特に牛肉面は、スープが味わい深く、全部飲み干してしまうほどでした。

さすがに一人で2品食べるのはきつかった…。食べたいのに誰かとシェアして食べられないのが一人旅の難点ですね…汗

牛肉がとっても美味だった

シンガポール最古のヒンドゥー教寺院「スリ・マリアマン寺院」

チャイナタウンには、「スリ・マリアマン寺院」という、シンガポール最古のヒンズー教寺院があります。

肌の露出が多い服の場合は、中に入る際体を覆う大きめでカラフルなスカーフを借りれます。

撮影禁止場所でのカメラの使用を控えれば、写真をとっても問題なかったです。

ヒンズー教の寺院は、独特な色遣いと、神様や動物などの絵・モニュメントが魅力的です。

鮮やかな色遣いと立体的かつリアルなモニュメントが魅力的

撮影はできませんでしたが、寺院の中の天井絵がとても素晴らしく、思わず見入ってしまうような絵が描かれていました。

寺院自体は小ぢんまりとしていますので、ぐるっと寺院の外観を見学しても、15分あればじっくり楽しむことができました。

巨大な楼閣!中国仏教寺院「佛牙寺龍華院」

「佛牙寺龍華院」は、ザ・中華!というような、チャイナタウン中心地に位置するド派手な仏教寺院です。

そびえたつ堂々とした佇まいは、唐王時代の建築様式となっていて、建物の中には無料で入ることができる仏教博物館もあります。

私は時間があまりなかったので、中には入らなかったのですが、日本の仏教寺院とは異なる豪華な外観を見学するだけでも、十分楽しめました!

チャイナタウンに訪れた際は、「スリ・マリアマン寺院」とあわせてぜひ「佛牙寺龍華院」にも足を延ばしてみてください!

シンガポールの「チャイナタウン」の観光目安時間は?

お昼ご飯または夜ご飯を1食食べつつ、周辺寺院の散策や、お土産屋さんを見て回ると、およそ2時間程度で観光することができます。

サクッと食事と観光だけであれば、1時間程度でも観光可能ですね!

シンガポールの「チャイナタウン」に行く前に知っておくべきこと!

シンガポールはどこでも基本的にはクレジットカードが使えますが、私が入ったチャイナタウンのお土産屋さんでは、クレジットカードが使えなかったです汗

現金をほぼ持っていなかったため、残念ながらお土産が買えないという事態になってしまい、とても残念だったので…。みなさんは少額でも現金を持っていかれることをオススメします!

大通りの中華っぽい飾り
Nami
Nami

いかがだったでしょうか?シンガポールは多民族国家のため、様々な民族・文化をもった人たちが生活していいるため、それぞれのエリアでたくさんのグルメや文化、雰囲気を味わうことができるのも魅力の一つです。チャイナタウンでは、ぜひ中国・中華の雰囲気を存分に楽しんでいただきたいと思います♪